スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

V-フォーヴェンデッタ

マトリックスのチームが
また世に送り出した映画「V-フォーヴェンデッタ」

「鋼の錬金術師」みたいなお話である。

「いやーどうだろ」って思うかもしれないが

舞台劇や映画のセリフを象徴的に使う所
シェイクスピアとかね
そういうのって伝わり易いのかどうか疑問。
なんだかセレブドラマのようで疑問。

舞台設定は自由な表現が罪な世界。
政府は意図的に目的の為に国民を犠牲にする。

国民の為の政治を奪い返す為の革命。その設定も
首謀者のアメコミなVや活動家の血が流れてるヒロインもかなり漫画。
だって、悪い奴の名は「サトラー」
ハーケンクロイツみたいなシンボル(ハーケンクロイツも劇中に出てくる)
設定が古いのか新しいのか

でも現代への警鐘なのかは疑問に感じる。
メディアの情報操作があからさまな所はすごくよかった。

悪い奴ほどよく喋る。


モンタージュのような映画。
沢山言いたい事があるって事は術にはまったかもしれない。
スポンサーサイト

テーマ : Vフォー・ヴェンデッタ
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

analogbox

Author:analogbox
音と鳴り
電気楽器は奏者の全身、楽器、エフェクタ、アンプ、そしてそれらをつなぐ全てで初めて音が出るから面倒。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スターバックス
slot
once
楽天キャンペーン
楽天
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。