スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

120歳のオルガンと原田先生とMITO先生とキリスト風大ちゃん

クラムボン2011 ドコガイイデスカツアー

盛岡!!

内丸教会!!

なんと、教会!

前にはportofnotesや青柳拓次さんとかも来た時あるとか!

そして宮沢賢治さんとのゆかりもあって
宮沢賢治さんも弾いたというオルガンもあって

人生2度目くらいの教会....神社とかもそうだけど
なぜか落ち着きますねー

そして3人が!!

すごい狭いステージ(ステージ??)

3人がすごい近い!!(前の人なんか頭のとこにモニターがwww)

「便箋歌」でスタート♪

前半はなんだかすごく荘厳なクラムボンな感じがする。
重厚な音。
いつもドラマチックだけど、もっと!

KANADE Danceがちょっと面白かったけどww

そして、後半は「シカゴ」から
スタンディングで踊るクラムボンに♪

でもなんだか大好きな「Folklore」も
バイタルサインもパン蜜も GOOD TIME MUSICもなんか違う。
内丸教会の雰囲気のおかげかな~

120歳のオルガンを郁子先生が弾いてる感じが
ほんと音楽の先生だったなぁ

大ちゃんがキリストっぽいってのもウケた。

mitoさんもオルガン弾いてた。なんだかすごい嬉しそう。

岩手はクラムボンの名前由来の場所だもんね

「ひなぎく」になってたかもしれないって(byMITO)


またぜひ!!内丸教会で!!

そして青森にもまた来てね!
ぜひACACでやって欲しい!!


スポンサーサイト

テーマ : LIVE、イベント
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

analogbox

Author:analogbox
音と鳴り
電気楽器は奏者の全身、楽器、エフェクタ、アンプ、そしてそれらをつなぐ全てで初めて音が出るから面倒。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スターバックス
slot
once
楽天キャンペーン
楽天
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。