スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

舞台芸術の世界

20071028232706
久しぶりに県立美術館へ
アレコのルーツ、ロシア舞台芸術の世界。


今日で終わりなので見てきました。


バレエ。


バレエという言葉は1600年代にイタリア?で生まれたらしい。


薔薇の妖精を見ながら、年表を読むと面白い。
足の動きを見せる為にスカート丈をくるぶしまで上げたというのがセンセーショナルな時代や、薄手の生地での衣装はセンセーショナル過ぎて最初定着しなかったり、白鳥の湖初演はあまりパッとしなかったり(^o^;)


舞台衣装もかわいい~のも芸術的なものもあり、すごくキレイ('-^*)

ファンタジックな雰囲気が、最近のファンタジー映画とかの衣装の原点的だし。


時代が進むにつれ、モダンな感じが強くなる感じ~


「牧神の午後」というバレエは歴史を覆すくらいのすごい作品らしい~

音楽とダンスだけてストーリーを伝えるなんて∑( ̄口 ̄)
誰が考えたんやろっ


ふむふむ


ふむふむ~


全然バレエなんて知らないんだけどね(^o^;)



ジョジョの奇妙な冒険っぽい感じもあるな~


すごくよかった~


その後、奈良美智さんの八角堂を見てAtoZを思い出す。感激~o(^-^)o


美術館って癒される~んだよ~
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

analogbox

Author:analogbox
音と鳴り
電気楽器は奏者の全身、楽器、エフェクタ、アンプ、そしてそれらをつなぐ全てで初めて音が出るから面倒。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スターバックス
slot
once
楽天キャンペーン
楽天
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。